• Categories: 牛たん

    仕事や家庭の用事に追われる多忙な毎日の中で自分のプライベートな時間が取れない自分にとって、毎日の晩酌だけが唯一の楽しみになっています。半ばこの晩酌をするためだけに毎日の仕事を頑張っているようなもので、キンキンに冷えたビールを飲みながら美味しいつまみを食べるのがお決まりのパターンです。

    このつまみはナッツ類を主に食しているのですが、その日の気分や条件によって牛たんをつまみにビールを飲むという最高の飲み方をすることがあります。ビールと牛たんの相性は自分の中ではベストマッチでして、できることならば毎日この組み合わせで晩酌がしたいとも思うほどです。この最高の組み合わせで晩酌をする条件の1つが、野球中継のある日です。

    野球を見るのは若い頃はそれほど興味が無かったのですが、歳を重ねるごとにその面白みが分かってきてしまい、今ではデイゲームでもナイターゲームでも自分の空き時間と合えば見るようにしています。
    (参考:2時間並んで食べた牛たん焼きのお味

    百数十キロを超える人間業では無い球を投げる投手と、それを打ち取るバッター、そして塁に出てからも様々な計算の上でゲームが成り立つ野球は晩酌をしながら見るのが一番興奮して見ることができるのです。

    シーズンオフなどは野球中継が無くなるので、なかなかこのような素晴らしい晩酌を行うことが難しいですが、野球のリーグ戦が始まると毎日家に帰るのが楽しみで仕方が無くなります。

    ビールと牛たんと野球、この三つ巴の楽しみはこれからも自分にとって最高の癒しであり、今の自分のエネルギーや馬力となっている存在であるのです。これからも、野球中継をみながらビールを飲み、そして牛たんをつまむスタイルはやめられないでしょうね。

    gyu_037

Recent Posts